【インプラント治療】いい歯科医院の選び方とは?のページ。中野区本町の歯科・歯医者なら、新中野フルヤ歯科

電話をかける
WEB予約
コラム

コラム COLUMN

【インプラント治療】いい歯科医院の選び方とは?

皆さん、こんにちは。
 
新中野駅より徒歩3分の「新中野フルヤ歯科」です。
 
 
むし歯や歯周病で歯を失ってしまい、インプラント治療が気になる……。
 
そんなとき、何を基準に歯科医院を選びますか?
 
「できるだけ費用の安い歯医者を選びたい」「家から近い歯医者を選んだほうが楽」という方も多いと思います。
 
しかし、インプラント治療はそれだけの理由で選ぶのは要注意。
 
インプラントはメリットの大きい治療ですが、専門的な知識や技術を要します。
 
満足のいくものにしていくためには、 初めの歯科医院選びが肝心と言っても過言ではありません。
 
今回は、インプラント治療における「いい歯科医院」のポイントを見ていきたいと思います。
 
 

インプラントにおいての「いい歯科医院」とは

1.歯科用CTなどの設備が整っている
お口の中には、目に見えない部分に多くの血管や神経が走っています。
そこにインプラントを埋め込んでいくわけですから、治療を行う前には歯科用CTや精密機器を用いて、綿密な検査・診断が必要です。
この歯科用CTなどの精密機器は、患者さんへの説明にも有効で、患者さん自身もイメージしやすく、安心材料の一つになるでしょう。
 
2.衛生管理がしっかりしているか
インプラント手術は外科処置を必要とするため、安全性の高い治療を実現するためには、しっかりと衛生管理が徹底していることが大切です。
治療器具の滅菌は、患者さんからは見えませんので、不安に感じたことはありませんか?
ホームページ等で、どのような滅菌をしているのか、という記載があるかどうかも確認するといいかもしれませんね。
 
3.信頼できる医師がいる
インプラントは一般の歯科治療とは別に、専門的な知識が必要になってきます。
インプラントの専門医は、研修や治療経験を経て、試験に合格すると、専門医と名乗ることができます。
インプラント専門医が在住し、治療を担当してくれるということは、インプラントの知識・技術のある歯科医師がいるということになります。
その後も、5年ごとに資格更新のために学んでいるので、選ぶ基準として重要です。
 
4.通うことができる距離である
インプラントは、メインテナンスをしっかり受けていると、ご自身のほかの歯と大差なく、半永久的にお使いいただけます。
治療が始まり、終わるまでも大事ですが、そのあとに定期的に通院し、維持していきましょう。
 
 

当院のインプラント治療の実態は?

当院では、日本口腔インプラント学会の専門医の資格を持つ歯科医師が治療を担当いたします。
 
滅菌についても、日本でまだ数%しか普及していない高水準「クラスB」の滅菌器を導入していますので、細菌やウイルスを完全に死滅させることができ、インプラントの手術で使用する器具も安心です。
 
 
歯科用CTや、その他精密機器も取り揃えているため、治療や費用の面でもきちんと説明をさせていただき、患者さんの不安を取り除いてからの治療スタートとなります。
 
インプラントに関して、お話を聞いてみたいなという方はお気軽にご相談ください。