インプラント手術の前日は普通に過ごしていいの?のページ。中野区本町の歯科・歯医者なら、新中野フルヤ歯科

電話をかける
WEB予約
コラム

コラム COLUMN

インプラント手術の前日は普通に過ごしていいの?

皆さん、こんにちは。
 
新中野駅より徒歩3分の「新中野フルヤ歯科」です。
 
 
インプラント手術となると、緊張し不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
 
実際に手術を終えた患者さんからは、「インプラントにして、しっかり噛めるようになった」と喜びの声を多くいただいております。
 
手術の前日や当日を、どのように過ごしたらよいのかが分かると不安も軽減されますよね。
 
皆さんには、手術後の生活を楽しみに、当日を迎えていただきたいと思っています。
 
今回は手術前日から当日にかけての過ごし方についてお話しします。
 
 

前日はいつも通りの生活を

手術前日は、いつも通りの生活を過ごしていただいてかまいません。
 
良好な体調で手術に臨むために、過度な飲酒は控え、睡眠をしっかりとっていらしてください。
 
また、喫煙は、インプラントと骨がくっつくのを妨げてしまうリスクがあります。
 
2週間ほど前から禁煙するのが望ましいです。
 
 

手術当日の過ごし方

手術は麻酔をしますので痛みはありませんが、麻酔が切れてくると痛みが出てくるかもしれません。
 
処方されたお薬は、指示通りに服用し、飲食は麻酔が切れてからにしましょう。
 
身体を休めることは大切ですが、血行が良くなってしまうと傷の治りが遅くなってしまいます。
 
手術当日は、湯船につからず、シャワー程度にしましょう。
 
激しい運動も禁物です。
 
当日は、家に帰ってゆっくりとお過ごしくださいね。
 
手術の後は、治療したところが気になって舌で触りたくなってしまいますよね。でも、それはガマンしてください。
 
傷は、はじめに血のかたまりができ、だんだんと治っていきます。
 
舌で触ってしまったり、強くうがいをしてしまうと、血のかたまりが取れて治りが悪くなってしまいます。
 
強くうがいをしたり、患部に歯ブラシを当てることは控えてくださいね。
 
飲酒や喫煙の再開時期は、歯科医の指示を守りましょう。
 
 
手術の時の過ごし方をイメージできましたでしょうか。
 
新中野フルヤ歯科では、インプラントに詳しい専門医が治療を担当いたします。
 
完全個室で、患者さんもリラックスできるよう心がけておりますので、お気軽にご相談くださいね。