歯がほとんどない……それでもインプラントにできますか?のページ。中野区本町の歯科・歯医者なら、新中野フルヤ歯科

電話をかける
WEB予約
コラム

コラム COLUMN

歯がほとんどない……それでもインプラントにできますか?

皆さん、こんにちは。
 
新中野駅より徒歩3分の「新中野フルヤ歯科」です。
 
 
「ほとんど歯がないけれど、それでもインプラントにできますか?」
 
合わない入れ歯に悩んでいる方、インプラント治療にご興味のある方の中には、そんな疑問を持っている人もいるでしょう。
 
結論から言うと、1本も歯がなくてもインプラント治療は可能です。
 
ただし、インプラント治療には一定量のあごの骨の量が必要となり、場合によっては骨を増やす治療を行うこともあります。
 
今回は、歯の本数が少ない方のインプラント治療についてご紹介します。
 
 

インプラント治療のポイントは骨の量

あごの骨の中にインプラント体を埋め込む「インプラント治療」において、あごの骨の量は重要な要素。
 
歯の本数が少なく、長期間入れ歯を使用している方は、あごの骨が少ない傾向にあり、そのままでは治療が難しい場合があります。
 
そこで、その問題を解決するのが「骨造成」です。骨造成とは、あごの骨の量を増やす治療です。
 
骨造成とのコンビネーションにより、歯がまったくない方でもインプラント治療が可能となります。
 
 

数本のインプラントで総入れ歯を安定させることも

また、すべての歯がないからといって、失った歯と同じ本数のインプラントを埋め込む必要はありません。
 
上あご・下あごに数本のインプラントを埋め込み、その上に総入れ歯のような義歯を固定することが可能です。
 
インプラントを軸としたブリッジタイプや、安定性の高い入れ歯タイプなどにもアレンジできます。
 
インプラント治療により、これまでの入れ歯のストレスから解放されれば、より豊かな生活が送れるでしょう。
 
 

歯が1本もなくてもインプラントは可能です

「入れ歯が合わない」
 
「しっかりと噛みたい」
 
「周りの歯に負担をかけたくない」
 
そのようなお悩みを抱えている方にこそ、インプラント治療が適しています。
 
インプラント治療は自然な見た目で、よく噛める。入れ歯のように取り外しがないので、煩わしさもありません。
 
歯がまったくない方でも、骨造成術を行えばインプラント治療は可能です。
 
 
ご興味のある方は「新中野フルヤ歯科」までご相談ください。
 
一人ひとりのお口の環境に合ったインプラント治療をご提案します。